BSテレ東「となりのスゴイ家」の取材を受けました。

アプローチ

BSテレ東で毎週金曜日夜9時から放送されている「となりのスゴイ家」というテレビ番組で、私たちが設計した住宅「武蔵関の住まい」が登場しました(5月24日放送)。

放送の3ヶ月前ぐらいに制作会社から私たちのところへ電話があり、「武蔵関の住まい」を取材をしたいという要望を受けました。施主は建設会社の社員で、この住宅が評判になればいいなと思いましたので、出演の相談してみたところ取材OKの返事をもらいました。その後、私たちがプレゼンテーションの資料をお渡し、製作会社と施主のほうで打合せをして取材を進めました。

今回は、田中卓志さんではなく山根良顕さんと遼河はるひさんが出演されています。日時は連絡があったようですが、突然お二人が来られて撮影が始まったようです。番組は敷地の特徴である旗竿アプローチの説明に始まり、設計の中でも時間をかけて検討した鉄骨階段へ続き、リビングからこの住宅の目玉であるバイブレーション仕上のステンレスキッチンへと進んでいきます。キッチンまわりは収録時間が長く取られ、ステンレスへのこだわりや裏のパントリーの活用について紹介されています。

放送の最後で施主からコストの説明がありますが、RCの住宅としてはかなりリーズナブルにできたと考えています。プランからインテリア、構造、設備をトータルしてコスパを追求する(適材適所に考える)、というのはいつも考えていることなので、それが実現したときは設計者としてやりがいを感じるところです。

室内

照明の調光調色で天井コンクリートの色合いの変化が楽しめる住宅なので、辺りが暗くなる夕方まで取材が続けばいいと思いましたが、残念ながら明るい内で撮影は終了しました。住宅に対するこだわりの説明はもちろんですが、時に施主の趣味に通じた笑いありで、番組として面白く仕上がっています。リンク先を下記にご紹介します(東京都大谷邸)ので、是非お楽しみいただければと思います。

BSテレ東「となりのスゴイ家」 バックナンバー

TVer「となりのスゴイ家」 

CATEGORY

TAGS

ARCHIVES

↑